自己破産

自己破産とは

自己破産とは債務整理の中でも最終手段とも言えます。
借金は帳消しになりますが、その分ペナルティも多く、誰にでも適用される訳でもありません。

 

<自己破産に向いている方>
債務の支払いがどう考えても無理な方
原則過去7年以内に自己破産されていない方

 

<自己破産のメリット>
@すべての借金の支払い義務がなくなる。
A債権者の請求がなくなる。
B民事再生に比べて費用が抑えられる事が多い。

 

<自己破産のデメリット>
@原則現在の評価価格が20万円を超える財産は没収されてしまう。
A99万円を超える現金は没収されてしまう。
B資格制限がある。
Cブラックリストにのってしまう。(7〜8年は住宅ローン、自動車ローンを組むことやクレジットカードを作ることが難しくなります。)
D官報と破産者名簿にのってしまう。
E自己破産の手続期間中は海外に行けない場合がある。
Fギャンブルや浪費が原因の債務の場合認められないことがある。

 

さらに・・・
こんなデメリットも考えられます。
G保証人がいる場合、保証人に取り立てがいくことになってしまいます。保証人が返済できなければ、保証人も自己破産することになってしまう可能性がでてきてしまいます。
H家を持っている場合、競売に掛けられて自分の家ではなくなってしまいます。
Iアパート・マンションなどの賃貸契約書には破産した場合契約解除をすることが書かれている場合があります。そうなると部屋を出ていかなければならない可能性があります。

 

このようにデメリットがとても多いのが自己破産です。

 

確かに借金が無くなるという大きなメリットもありますが、極力避けた方がいい債務整理と言えるでしょう。

 

なぜならもう一つ大きなリスクを背負うことにもなるからです。

 

それが・・・
Iヤミ金から狙われる
ということです。

 

ヤミ金は破産した人を調べ、ダイレクトメールなどで再び借金をさせようとアプローチしてきます。

 

一度自己破産をした人になぜお金を貸そうとするのか・・・?
それは一度自己破産すると7年間は再び自己破産ができないからなのです。

 

つまり貸したお金を自己破産でチャラにされないということ。

 

誘いに乗らなければ問題ないとも言えますが、そのような心の強い人は多くないことをヤミ金業者が借金の誘いをし続けていることから分かります。

 

 

このようなデメリットが多い自己破産ですが、その他に手がない場合はやはり行わざるを得ません。

 

そのような場合はぜひ、債務整理に強い法律家に相談するようにしましよう!

 

 

借金問題 無料相談先

自己破産関連ページ

任意整理
任意整理を分かりやすく解説しています。
特定調停
特定調停について分かりやすく解説しています。
民事再生
民事再生について分かりやすく解説しています。